Advanced Imaging Center(先進画像検査・診断センター)は画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。

よくあるご質問
FAQ

よくあるご質問

PET-CT検査は誰でも受けられますか?
基本的にどなたでも検査を受けることは出来ますが、重度の糖尿病の方やその他撮影のための条件に合致しない方の場合は、最適な画像をご提供できない可能性がございます。
PET-CT検査は全ての がん を発見できるのですか?
腫瘍の診断においてPET-CT検査は大変優れていますが、PET-CT検査のみで全て確定診断ができるものではありません。
見つかりにくい腫瘍が対象であったり、小さな転移病巣がある場合には、他の検査との併用が望ましい場合があります。
PET-CT検査で発見できない がん とはどんなものですか?
PET-CT検査で発見しにくい がん の特徴としては、ブドウ糖の取込みが少ないがん(早期がん、悪性度の低いがん)や、薄く広がり塊をつくらないがん、正常でもPET-CT検査で用いる薬剤であるFDG が集まる脳や肝臓などに発生したがん、排泄経路にあたる腎臓や膀胱に発生したがんなどがあります。
PET-CT検査で見えにくいがんは具体的にはどんながんですか?
見えにくいがんの例としては、肺癌の一部(高分化がん、肺胞上皮がん)、1cm未満のがん、腎がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、表在がん(早期がんなど)、胃のスキルスがん(硬化がん)などがあります。
PET-CT検査の1回の被曝線量はどのくらいですか?
全身のPET-CT検査1回の被曝線量は、8ミリシーベルト程度です(胃のX線検査では1回4ミリシーベルトです)。※施設や検査撮影方法により異なります。
PET-CT検査で使用する薬剤による副作用はありますか?
PET-CT検査で主に使用するFDGという薬剤での副作用報告は、ほとんどありません。
PET-CT検査で使用する薬剤であるFDGは微弱な放射能を出すと聞きました。
放射能が無くなるまでの時間はどれくらいですか?
FDGに含まれるポジトロン核種の半減期は110分です。
全て体内にとどまったと仮定した場合で、原子数に換算して1個以下になるまでの時間は、理論上は3日半程度ですが、安全のために約1週間後と考えています。
実際にはFDGはそのほとんどが尿などとしてで体外に排出されるため、24時間後にはほとんど検出できなくなります。
そのため、PET検査室から出た時点で、周囲の方に及ぼす被曝等の影響はほとんどありません。
  • 交通案内・地図
  • よくあるご質問
  • 八重洲クリニック MRI、CT
  • PETがん検診のご案内
ページの先頭に戻る