Advanced Imaging Center(先進画像検査・診断センター)は画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。

PET-CT検査の保険適用要件
About PET-CT Scan

PET-CT検査の保険適用要件

2010年4月より、PET-CT検査ついては、てんかん若しくは虚血性心疾患の診断又は、悪性腫瘍(早期胃癌を除く)の病期診断又は転移・再発の診断を目的とし、下記の表に定める要件を満たす場合に保険適用されるよう変更されております。

保険適用に該当するかどうかについては、下記をご確認ください。

悪性腫瘍
(早期胃がんを除く)
他の検査や画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない方の場合。
てんかん 難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる方の場合。
虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全患者で、心筋組織のバイアビリティ診断が必要とされる方の場合。
ただし、通常の心筋血流シンチグラフィで判定が困難な場合に限ります。
※現在、当センターでは、検査をしておりません。

悪性腫瘍について(早期胃がんを除く)

当センターでは、日本核医学会 FDG PET、PET/CT診療ガイドラインにて推奨されている下記の症例および検査目的を保険適用範囲として検査をしておりますが、場合によっては保険適用にならない場合があります。あらかじめご了承ください。

悪性腫瘍の保険適用症例(早期胃がんを除く)

  • 病理組織学的に悪性腫瘍と確認されている方。
  • 病理診断により確定診断が得られない場合には、臨床病歴、身体所見、その他の画像診断所見、腫瘍マーカー、臨床的経過観察などから、臨床的に高い蓋然性をもって悪性腫瘍と診断される方。

悪性腫瘍の保険適用 検査目的

  • 治療前の病期診断
  • 二段階治療を施行中の患者において、第一段階治療完了後の第二段階治療方針決定のための、病期診断 たとえば、術前化学療法後、または、術前化学放射線治療後における、術前の病期診断、等
  • 転移・再発を疑う臨床的徴候、検査所見がある場合の診断
  • 手術、放射線治療などによる変形や瘢痕などのため他の方法では再発の有無が確認困難な場合
  • 経過観察などから治療が有効と思われるにも拘わらず他の画像診断等で腫瘤が残存しており、腫瘍が残存しているのか、肉芽・線維などの非腫瘍組織による残存腫瘤なのか、を鑑別する必要がある場合
  • 交通案内・地図
  • よくあるご質問
  • 八重洲クリニック MRI、CT
  • PETがん検診のご案内
ページの先頭に戻る