Advanced Imaging Center(先進画像検査・診断センター)は画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。

画像診断・検査について
About diagnostic imaging

画像診断・検査について

画像診断、画像検査とは、身体の外から診るだけでは分からない体内の病気や様子(腫瘍、梗塞、動脈瘤等)を画像化して、異常がないかどうかを診断する医療技術のことで、当センターでは、体内の画像を得る装置として以下を使用しています。

上記の検査はそれぞれに得意、不得意とする部位等があるため、症状や疑われる疾患、検査の目的に適した検査機器を用いて検査を行います。
これらの検査機器で撮影された検査画像を、画像診断の専門とする医師(※1)が読影(※2)し、癌などの病気を早期に発見することができます。

画像診断を専門とする医師・・・放射線診断専門医
放射線診断専門医とは、日本医学放射線学会が指定した施設で5年間以上の修練を積み、試験に合格した医師のことで、X線レントゲンやCT検査、MRI検査、超音波検査といった様々な検査の特徴を理解し、画像診断法の中から、症状や疑われる疾患に適した検査方法を選択します。また撮影された検査画像を専門家の眼で読影をします。
読影とは

PET-CT検査やMRI検査、CT検査などの検査画像を丹念に観察し所見を読み、その上で診断することを言い、読影をする医師のことを読影医と呼びます。
読影は整形外科や内科の専門医などの、各診療科の専門医がされることもありますが、多くの場合、画像診断の専門医である、放射線診断専門医が読影します。

  • 交通案内・地図
  • よくあるご質問
  • 八重洲クリニック MRI、CT
  • PETがん検診のご案内
ページの先頭に戻る