Advanced Imaging Center(先進画像検査・診断センター)は画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。

膵臓疾患経過観察専門外来のご案内
Reservation Form

膵臓疾患経過観察専門外来のご案内

当院では超早期の膵臓がんを拾い上げるためにはどのような基準があるべきかという観点から膵臓外科医、消化器内科医とのすり合わせを行い、膵臓がんの「EUS等推奨基準」を独自に定めました。
「EUS等推奨基準」に定めた「膵臓がんの画像上の危険因子」については、病院消化器内科では経過観察対象とならないものもあるため、当院内に「膵臓疾患経過観察専門外来」を設置しました。

用語解説…EUS(超音波内視鏡)

1.診療時間 / 外来担当医

(1)診療時間:毎週 木曜日 9:00〜13:00

(2)外来担当医:福田 智史(筑波大学附属病院 消化器内科)

筑波大学附属病院 消化器内科 福田 智史

筑波大学附属病院 消化器内科 福田 智史

略歴
国立筑波大学医学群医学類卒
茨城県立中央病院
公益財団法人筑波メディカルセンター病院
国立筑波大学附属病院

(注意)当院再診に際しては別の医師が担当する場合があります。

2.外来の主たる目的

「膵臓がんの画像上の危険因子」を有する方に対し、MRI又はCT検査にて経過観察を行います。

膵臓がんの画像上の危険因子
(1)膵臓がん危険因子@ 膵石灰化(慢性膵炎・膵石)
(2)膵臓がん危険因子A 主膵管及び分枝膵管拡張等
(3)膵臓がん危険因子B 膵嚢胞(IPMNを含む)
(4)膵臓がん危険因子C 膵萎縮(膵体部のくびれ)

福田医師より

MRI、CT、エコーで見える膵臓がんは殆どがステージ2(5年以内死亡率81.7%)以降です。当センターでは、2019年より膵臓がんの画像上の危険因子とされる下記の病態を有する患者さんを丁寧に確認することで、限りなくステージの低い段階で膵臓がんの存在を拾い上げる試みを実施しています。
経過観察中に膵臓がんが疑われる場合は筑波大学附属病院でのなど適切で速やかな対応を行います。

ご予約方法

(方法1)お電話にて、外来をご予約ください。TEL 0120-973-019
(方法2)下記フォームに必要事項をご入力のうえ、お申込みください。

第1希望日
※ 予約状況によりご希望日に予約が取れない場合もございます。
第2希望日の入力をお願い申し上げます。

※ 当外来は、毎週木曜日9:00-13:00です。
第2希望日
※ 当外来は、毎週木曜日9:00-13:00です。
受診者の氏名
※必須
よみがな
性別 男性
女性
生年月日
携帯電話番号
電話番号
郵便番号
住所
E-mail
アドレス 
※必須

PCメールが受信可能なアドレスを必ずご記入下さい。
備考
  • 交通案内・地図
  • よくあるご質問
  • AIC八重洲クリニック
  • AIC八重洲クリニック 乳腺外科 東京日本橋
  • AIC八重洲クリニック 循環器内科
  • PETがん検診のご案内
ページの先頭に戻る