320列CTのメリット

  1. ホーム >
  2. 画像診断・検査について >
  3. 320列CTのメリット

    320列CTのメリット

  1. 当センターでは320列CTを用いて検査を行っております。
    320列CTを保有している医療機関はまだ少なく、東京都では約1,300台のCTが稼働していますが、100列以上の高速CTは全体の約9%しかありません(2020年調べ)。
    低速CT(100列未満)と比較した高速CT(当センターの場合は320列CT)の主なメリットは以下の通りです。
    1. 短時間できれいな検査画像
    2. 心臓、呼吸の動き、息止めの失敗に画質が左右されず、きれいな検査画像が得られます。
      検査画像の画質が良くなるため、病気の発見率が上がります。
    3. 患者様の負担軽減
    4. 撮影時間が短縮されることにより、胸部CT撮影時に息を止める時間を短くすることができ、患者様の負担が軽減されます。
    5. 胸部単純CT撮影(撮影範囲300mm)
    6. 心臓CT撮影(撮影範囲120mm)
    7. 腹部単純CT撮影(撮影範囲400mm)
  2. 心臓冠動脈CT画像について

  3. 心臓冠動脈CT検査は心臓の周囲に存在する動脈の状態を確認する検査です。
    当センターでは320列CTを用い、1回転のみ(撮影時間わずか0.275秒)で撮影する検査を行っております。
    心臓は動き(拍動)があるため、320列CTによる心臓全体を一回転で撮影するボリュームスキャンは、通常のCTで行うスキャン(ヘリカルスキャン)よりも高画質という面で優れています。
    1. 撮影方法の違い
AIC画像検査センター

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-1-16
医療法人社団豊智会 AIC画像検査センター (旧名称:つくば画像検査センター)
お問い合わせTEL 029-875-9970